[  English    |    Français    |    Deutsch    |                   ]




2016.2 now available

 ANSYS SpaceClaim 2016.2がリリースされました。

 2016年8月23日(米国時間)にANSYS SpaceClaim 2016 の新ポイントリリースであるANSYS SpaceClaim 2016.2がリリースされました。

9月8日(米国時間)に新機能紹介Webinar を開催致します。事前登録して頂くと当日参加出来ない場合、オンデマンドの準備が出来ましたらご登録されたメールアドレス宛に その旨お知らせ致します。
http://www.spaceclaim.com/ja/Resources/webinars.aspx

ANSYS SpaceClaim2016.2 ハイライト

  • 数式によるカーブおよびサーフェスの生成
  • スキンサーフェス改良
  • カスタマーリクエスト/コンセプトモデリング
  • ファセットモデリング
  • スクリプティング 

2016.2_topics


旧リリースとの混在環境について

ANSYS SpaceClaim 2016.2から旧リリースとの混在環境が可能となります。旧リリース(旧メジャーリリースおよび旧ポイントリリースを指します)が存在する状態で、2016.2をインストールすると新たにインストールフォルダが生成されます。
フローティングライセンスをご利用の場合に、旧リリースであっても最新リリースであっても使用ライセンスとしてカウントされます。
 

 リリースノートについて

リリースノート英語版PDFはMySpaceClaimサイトからダウンロード可能です。また、起動後のWelcomeメニュからも閲覧可能です。リリースノート日本語版PDFにつきましては、準備でき次第MySpaceClaimへアップロード致します。
 
 

日本語環境における誤記について

タブ名、コマンド名の一部に誤記があります。この点についてお詫び申し上げます。
詳細は、以下の資料をご覧下さい。

ANSYS SpaceClaim 2016.2日本語環境における誤記について
 

以下のFAQもご覧下さい。

 

 

ポイントリリース間では下位互換性がありますか?

ポイントリリースであっても意義のある変更や改良を行うため、2016.2からは下位互換性の確保はできません。  

 


2016.1 のファイルを2016.0で開くにはどうしたら良いですか?

最も良い方法は、中間ファイル、例えばACISSTEPなどで渡す方法です。

 


2016.1 で保存されたネイティブファイル(*.scdoc)を2016.0で開く場合に何か問題が発生しますか?

2016.1では下位データ互換性に関する新規方針に変える途中段階にあるため、2016.1で保存したファイルを2016.0で開く場合に以下の様な制限があります。

1. 

レイアウトカーブは通常のカーブとして認識されます。


2.  

ボリューム抽出で、モデルが変更された時の連想性は失われます。


3. 
GD&T
について、2016.1 で新規に追加された機能に関連する部分は失われます。 

4.  
駆動寸法について、
2016.1で新規にサポートされた機能、例えばパターン長については表示されません。