[  English    |    Français    |    Deutsch    |                   ]




ホワイトペーパー

3D エンジニアリング: 3D ダイレクトモデリングで、コンセプトエンジニアリングとシミュレーションドリブンによる製品開発を実現する方法

ダウンロード

シミュレーションドリブン製品開発: 形状は機能に追従具現化

ダウンロード

新たな競争力獲得のキー: 3D コンセプトデザイン

ダウンロード


カスタマービューモデリング (知的財産の保護)

SpaceClaimは、顧客やサプライヤーとの交流のために、設計者がライトウェイトモデルを作ることを容易にしています。さらに設計者がパートやアセンブリの内部データを削除したり、形状のためのサーフェスだけを保持することを可能にしています。設計を共有しながら会社の知的財産を保護するために、これは重要なステップとなります。

課題

リバースエンジニアリングは今日の市場では必要になりました。そしてほとんどの企業は、競合相手がどのように新しく革新的な商品を開発しているか理解するために、リソースを注いでいます。この新しい動きにより、データが会社の外に出ないように保護することはとても重要です。一般的なデータ形式でモデルを送付したとしても、修正やリバースエンジニアリングができ、製造することが可能となってしまいます。モデルを送付する前にジオメトリを削除することで、知的財産(IP)をコントロールする必要があります。SpaceClaimによって、カスタマービューモデルファイルにより、ビューワーがモデルの情報がリカバーできないということを保証することができるのです。

 
SpaceClaimがどのようにカスタマービューモデリングを使って知的財産を保護するかご覧ください。

解決策

SpaceClaimには、データファイルを組織の外部に移す必要がある際、知的財産を保証する機能があります。部品やアセンブリの両方とも、分かり易いワークフローを使い、可能な限り簡素化することができます。

  • シングルクリックで小さなコンポーネントを検索したり削除することができます。
  • ボリューム抽出ボタンは、自動的に内部を埋めることができます。
  • 断面機能は、エクスポートする前に詳細な検査をすることができます。
  • フィルを組合せは、部品を一度に結合したり複雑なモデルを簡易化することができます。
  • クリアランスを検査する機能は、エクスポートする前に詳細な検査をすることができます。

優位点

  • アセンブリを個別の部品にばらす時間を短縮することができます。
  • 形状のための面を残すことにより、部品を一致させることができます。
  • 製品の模倣を最低限にし競合から知的財産を保護することができます。

利点

  • 重要な設計情報は組織の中に残ります。
  • リバースエンジニアリングの恐れもなく、データの共有や製品ライブラリの構築をすることができます。
  • NDAを結ぶプロセスは除外されます。
  • 知的財産の整理時間を90%短縮することができます。