[  English    |    Français    |    Deutsch    |                   ]




ホワイトペーパー

3D エンジニアリング: 3D ダイレクトモデリングで、コンセプトエンジニアリングとシミュレーションドリブンによる製品開発を実現する方法

ダウンロード

新たな競争力獲得のキー: 3D コンセプトデザイン

ダウンロード


データシート

SpaceClaim Engineer

 

評価版申込み

優れたインターオペラビリティの概要

SpaceClaim により、他 CADで作成された既存データを利用して 3Dでの製品設計を行えるため、社内 CADインフラの価値をより高めることができます。SpaceClaim は、ほとんどの CADからの 2Dおよび 3Dデータを開いてダイレクト編集することができます。

また、JTフォーマットのモデルを PMI付きでインポートし、形状変更してから JTおよび種々の 3Dフォーマットで保存できますので、関係部署やサプライヤー間でのコラボレーションを強化できます。

利点

  • 社内 CADや PLMの環境を強化できます。
  • CADでのデータ交換時間を短縮することができます。
  • 設計を効果的に進めるため、様々なジオメトリタイプを読み込むことができます。
  • 使いやすく、習得期間が短いので、総保有コスト (TCO) を低く抑えることができます。

特徴

  • 汎用フォーマット、例えば JT、STEP、3DPDF、IGES、DWG/DXF といった 2D/3Dデータを開くことができます。
  • JT、CATIA V5、STEPなど、相手の CADに適したフォーマットで保存できます。
  • シンプルなボタンを押すだけで、ジオメトリの不正なデータを修正することができます。
  • 大規模アセンブリをライトウェイトとして開くことができます。
  • カスタマービューモデル (CVM) を準備し易いため、知的財産を保護できます。
  • 顧客やチーム内でのリアルタイムなデザインレビューが可能になります。
  • 設計変更のコミュニケーションを図るため、3Dマークアップや描画機能を使用することができます。

サポートしているフォーマット

モジュール 開く (入力) 保存 (出力)

ANSYS SpaceClaim

 

ACIS, AMF, DXF, DWG, IDF, IGES, Rhino, SketchUp, STEP, STL, OBJ, VRML, ANSYS Electronics Database, Fluent Mesh File, Cadence SPB, ECAD data, PLY, QIF, Bitmaps, Videos


ACIS, Acrobat 2D & 3D (lightweight), AMF, DXF, DWG, IGES, KeyShot, PowerPoint, Rhino, Fluent Mesh, SketchUp, STEP, STL, VRML, OBJ, QIF, XAML, XPS, Bitmaps, Videos

データ交換 I

CATIA V4, Inventor, Pro/ENGINEER, VDA-FS

VDA-FS

データ交換 II

NX, Parasolid, Solid Edge, SolidWorks

Parasolid

CATIA V5 データ交換

CATIA V5

CATIA V5

JT Open データ交換

JT

 JT

3D PDF データ交換

3D PDF 

 3D PDF

 

サポートするフォーマットの詳細

優れたデータ柔軟性

SpaceClaim では必要な時にデータを受け取ることができます。迅速な意思決定ができる環境で、顧客とサプライヤーの距離を縮めたり、レガシーデータを扱うことができます。素早く 2Dの描画データを 3Dモデルに変換することが可能です。またサーフェスのみのジオメトリを、正確で完全なソリッド形状に変換することもできます。再生成の失敗を心配せずにデザインレビューを開催することができます。アセンブリに容量の大きなソリッド形状が含まれていても、ライトウェイトとして開くことができます。SpaceClaim は、どんな設計者が部品を読み込んでも結果を出し、意思決定の伝達のためのたったひとつの環境なのです。

多くの企業が 1つの CADシステムに統一しようとしました。しかし構想設計や解析準備、製造準備などでは 3Dツールとして SpaceClaim に置き換わっています。過去に、1つの CADシステムに統一することは意味があることでした。それはインターオペラビリティにより複数の CADデータを断片的にしか開くことができなかったからです。いかなる CADデータでも編集できる SpaceClaim の性能は、SpaceClaim ユーザーでの問題解決を可能にしました。そして詳細設計工程を開始する際に、再生成や詳細設計段階での無駄なサイクルを最小化するなど、理想的な形をもたらすことになりました。ほとんどの SpaceClaim ユーザーは、SpaceClaim の概念が詳細設計での業務時間を劇的に縮めることを理解しています。そしてそれは製品開発コストの削減を測定したり、製品の市場へ出す時間の改善につながるのです。