[  English    |    Français    |    Deutsch    |                   ]




ウェビナー

次回のウェビナーにご登録いただくか、以前に開催されたもののビデオで、SpaceClaim の特長をご覧ください。

事前登録して頂くと当日参加出来ない場合、オンデマンドの準備が出来ましたら登録されたメールアドレス宛に その旨お知らせ致します。
当日のウェビナーの録画をご都合に合わせてご覧頂けます。

次回の ライブ!ウェビナー

 

coming soon...

オンデマンドウェビナー

 2017 relerase webinar  

ANSYS SpaceClaim 2017 リリースウェビナー

ANSYS SpaceClaim 2017 is full of enhancements that further integrate ease of use and rapid geometry manipulation capabilities. From large changes to behind the scenes enhancements, you'll notice efficiency improvements across the board.

Attend this webinar to learn about major enhancements such as:

  • 3-D printing and topology optimization

  • Visualization through fly-through mode

  • Scripting improvements, such as replayability

We'll walk you through the highlights and talk about other important enhancements related to design, reverse engineering, manufacturing, 3-D printing and simulation. Sign up today!

 ウェビナーを再生!




 
カスタマースポットライトウェビナー

 本ウェビナーでは、SpaceClaimのユーザーであるBillet Designs社にご参加いただき、製品開発の過程や部品設計にSpaceClaimをどのように活用しているかをお伝えいただきます。Billet Design社のSteven Aguirre氏から、新製品である炭酸ガス飲料タップヘッドシステムおよびSpaceClaimのダイレクトモデリングテクノロジーがどのように設計の工数削減に繋がったかをお話いただきます。ヘビーユーザーからまだ評価に至っていない方まで、どなたにとっても参考になるウェビナーです。是非参加下さい。


本ウェビナーの内容は以下です:

  1. 工数削減および生産性向上の実体的なユーザー事例
  2. 製品設計における汎用性
  3. CADツールとして構想設計から完成までをSpaceClaimで実施
  4. ベストプラクティス、ティップス

ウェビナーを再生

 
 

3Dプリンティング向けおよびSTLアプリケーションとしてのSpaceClaim

SpaceClaimは、データ修復、編集およびCAD、STLファイルの最適化において、業界最高クラスのハイブリッドモデリングツールに到達します。STLファイルを3Dプリンティング向けに最適化、または、スキャンデータを後の製造工程のためにクリーンナップするようなケースで素晴らしいパフォーマンスを発揮します。

本ウェビナーでは以下についてご案内します:

  • 品質の悪く壊れているSTLファイルを中身の詰まった状態へと修正します。

  • プルツール、移動ツールのようにファセットデータを修正します。

  • 重さの最適化、強度を高めるためにカスタムインフィルを作成します。

  • 品質の悪いSTLファイルもしくは、複雑なCADファイルを下流工程で利用できる様にシュリンクラップを実施

ウェビナーを再生

   

2016.2 リリースアップデート

 方程式による駆動サーフェス、迅速なSTLのスキニング、領域におけるシュリンクラップ。
これらは、次リリースであるANSYS SpaceClaim2016.2における最新の強化ポイントです。今回のポイントリリースの最新機能を本ウェビナーでご紹介致します。

あなたのワークフロー、製品設計により効果的に作用します。是非ご参加ください。

以下の機能強化も含みます。

  • PMIエクスポート
  • スクリプト関連
  • フェース除去でのファセットモデルのシェル化

ウェビナーを再生

   

製造エンジニアのニーズに応えるSpaceClaimの製造領域で活用

  このウェビナーでは、金型の観点からANSYS SpaceClaimを模索します。ご紹介する機能は、製造工程やオペレーションに関係なくジオメトリのボトルネックを解消または減少させることが可能で す。これに限らず、ジオメトリの問題がある場合には作業効率を向上させることが可能です。

以下は製造領域における有用性:

  • 主要な3DCADファイルフォーマットを読み込み及び修復
  • 金型やダイキャスト金型のりっどモデリングの最適化
  • 機械加工モデルへの準備作業
  • 素早い冶具、取付具のモデリング
  • CAS用STLモデルの準備作業 (CAS:衝突回避システム)

ウェビナーを再生

 
 

先進的なリバースエンジニアリング


  今回のウェビナーでは、ANSYS SpaceClaimの新しいツールでリバースエンジニアリングのボトルネックの解消を模索するとともに、プロセスにおける使い易さを再定義します。

ANSYS SpaceClaimの比類なきパワフルさ、使い易さおよび柔軟性がどのようなものであるか是非ご確認下さい。


トピックスを以下にお知らせします。

  • メッシュボディまたはファセットからサーフェスを自動生成
  • 高品質なスキンサーフェスの生成、編集
  • STLファイルのファセットからスケッチカーブを抽出
  • ファセットデータの形状に適した治具を簡単に作成
  • 形状にループを定義して素早く複雑な形状を作成

ウェビナーを再生

   

SpaceClaimで従来の設計プロセスを一新
(部品設計、アセンブリおよび図面)


利用可能な3Dツールがたくさんありますが、なせエンジニアや設計者は、SpaceClaimを構想設計や詳細設計に利用するのでしょうか?

また、どんなツールが全体の設計プロセスの向上に貢献すること出来るのでしょうか?

SpaceClaimは本当に設計プロセスを一変させることが出来るのでしょうか?


今回のウェビナーでは、部品設計、アセンブリおよび図面を背景としてこれらの質問の答えを模索します。

トピックスを以下にお知らせします。

  • ダイレクトモデリングが設計の構想段階においてどのような恩恵を与えるか
  • SpaceClaim環境においてモデリングの変更がどんなに簡単か
  • 再構築エラーの無いモデリングがどのようなものか
  • SpaceClaimの部品、アセンブリおよび図面作成に関するパワフルなパフォーマンス

ウェビナーを再生

   

ANSYS SpaceClaim 2016.1

 リリース2016.1は、ユーザーに便利な機能強化がいくつもあります。様々なワークフローを改善する新機能とともに、従来からの機能強化要望に焦点を当てています。

このような強化のひとつに新しいスクリプティング環境があります。リリース2016.0でも紹介していいますが、次の2016.1では、全く新しいレベルに到達しています。

ANSYS SPACECLAIM2016.1のハイレベルな新機能の概要を30分間のウェビナーでご紹介します。是非ご参加ください。

ウェビナーを再生

 
 
 
 

10x Faster Time to Analysis with ANSYS SpaceClaim

ANSYS 17.0 contains extensive improvements to ANSYS SpaceClaim Direct Modeler, which provides speed of design, conceptualization, editing and preparing geometry for simulation. New functionality has been added, including scripting capabilities, edge repair tools and a weld creation tool for shell models. Existing analysis tools, such as imprinting, midsurfacing and beam support, have also been improved.

Attend this webinar and learn about two major enhancements to SpaceClaim Direct Modeler (in addition to those mentioned above): an STL-to-solid tool called Skin Surface and a faceted data simplification called Shrinkwrap. Skin Surface adds more reverse engineering capabilities by building surface geometry on prismatic or organic shapes, such as scan data from a living organism. Shrinkwrap couples with Skin Surface to smooth over rough scans (or dirty CAD data) and further solidifies any faceted model.

ウェビナーを再生

    

Topology Optimization for Design Innovation: The Marriage of ANSYS SpaceClaim Direct Modeler and ANSYS Mechanical
(革新的な製品設計におけるトポロジー最適化:ANSYS SpaceClaim Design Modeler とANSYS Mechanical)

※ANSYS Mechanicalは、ANSYS, Inc.の構造物解析を支援する包括的ソリューションです。

 付加製造、ラピッドプロトライピング、リバースエンジニアリングおよびトポロジー最適化は、革新的な製品設計において、極めて重要な役割となるケースが増えてきています。

多くの企業では、パワフルで且つ上記のような新しい分野における新しい機能が知識の無い作業者であっても多目的に利用することが出来るツールを探していま す。ANSYS SpaceClaim Direct ModelerとANSYS Mehanicaの組合せはこのようなケースにぴったりです。

  本ウェビナーでは、ANSYS SpaceClaim Direct ModelerにおけるファセットやソリッドモデリングとANSYS Mechanicalのトポロジー最適化機能と組合わせることによる競合製品に対する高い次元でのソリューションをご紹介します。

 ANSYS Mechanicalでのトポロジー最適化に備えての準備作業、つまりコンセプトモデルの修正方法(キャスティングまたは付加製造用途におけるファセット データのスムージング)などをご紹介します。ANSYS Mechanicalの新しいトポロジー最適化機能は、人間が直感的には為し得ないデザインを見出します。

ウェビナーを再生

 
  

Advanced Manufacturing Repair with ANSYS SpaceClaim
(製造分野におけるモデル修正へのANSYS SpaceClaimの活用)

  CADモデルがCAMへ渡る際に、CAMでそのまますぐにCADデータを活用することができるケースは極めて稀です。手が掛からない場合は、いくつかの穴を削除するのみで済みますが、手が掛かる場合は、複雑な形状に対して多くの修正作業が発生します。ANSYS SpaceClaimであれば、このような3次元モデルでのこのよう修正作業を、シンプルかつスピーディに解決することが可能です。

 このウェビナーでは、ANSYS SpaceClaimでのCAMへ渡す前段階における修正作業等の準備作業についてご案内します。

  • 他社の3DCADファイルを読み込んでの編集
  • 4つの強力で且つシンプルな直感的インターフェース(プル、移動、フィルおよび組合せ)により、簡単に3次元モデルを扱う
  • 特化した修正ツールにより、どんなモデル、状況であってもCAM用モデルへの素早い準備が可能

ウェビナーを再生

 
 

ANSYS SpaceClaim 2016 リリース

 ANSYS SpaceClaim 2016が12月1日にリリースされました。ANSYS SpaceClaim 2016では、マーケットにおける他社製品に比べ10倍速い3次元モデリングを可能にします。

 ANSYS SpaceClaimのユーザにおいては、1)従来の10倍のパフォーマンス改善、2)迅速な形状作成・編集に有効なツールの追加および3)ファイルフォーマットのサポート拡大により、市場投下までのリードタイムが大幅に短縮されます。

こちらのウェビナーでは、ANSYS SpaceClaim2016のリリース情報およびデモンストレーションをご覧いただけます。

  • 10倍のパフォーマンス改善

  • デザイン、リバースエンジニアリング、シミュレーション用途、3Dプリンティングおよび製造用途での機能強化

  • 読込フォーマットのサポート拡大

  • その他詳細

ウェビナーを再生

 
 

Geometry Manipulation in the Automotive Industry – A Look at How ANSYS SpaceClaim Can Help
(自動車業界におけるジオメトリ操作例)

ガソリン価格の上昇や環境への関心が高まるなか、自動車業界は、現在の自動車システムを再評価しなければならない状況にあります。最終的には、政府の規制を遵守して、進化し続ける業界において競争力を維持しながら実行することが可能な開発を考えていく必要があります。

ANSYS SpaceClaimは、自動車業界においてジオメトリの取扱いにおけるパーフェクトなソリューションです。このウェビナーでは、ANSYS SpaceClaimの下記の効果についてご紹介します。

  • 複雑なジオメトリの解析前の準備作業、ヘッドランプやサスペンションナックルのような複雑なコンポーネントの形状簡略化やエンジンや詳細部品等の入り組んだアセンブリ形状の編集

  • トポロジー最適化における素早いリバースエンジニアリング

  • 専用ツールによる3Dプリンティング用のモデル作成およびソリッドやメッシュデータのダイレクト編集

ウェビナーを再生

 
 

Reverse Engineering Incomplete Scanned Data with ANSYS SpaceClaim
(不完全なスキャンデータをANSYS SpaceClaimを利用してリバースエンジニアリング)

ほとんどの場合に、スムーズにリバースエンジニアリングを行うことが出来ません。多くの場面で、データが損傷していたり不完全な状態であり、これらが簡単にかつ適切なソリッドモデルへのリバースエンジニアリングを難しくします。

ANSYS SpaceClaimの下記機能を利用して、これらのリバースエンジニアリングを驚くほど簡単に行います。
是非ウェビナーでご確認下さい!

  • 難しい操作を要せずにしてスキャンデータを参照

  • 使い易いプル、移動、フィルおよび組合せツールでスケッチから素早くソリッドモデルを作成

  • 挿入タブのスプラインをフィット、シリンダおよび球ツールを使用して、スプラインサーフェスやその他ジオメトリを選択したメッシュから作成

  • 選択したメッシュデータを参照して平面および軸を作成

ウェビナーを再生

   

Stop the Headaches of Design: Use ANSYS SpaceClaim
(ANSYS SpaceClaimを利用して設計時に生じる障害を解消)

設計の初期段階では、専門的スキルを要することなく創造的にデザインできることはとても重要です。しかしながら、たいていの場合は、設計意図が現実に実行されることを仮定しながら初期設計は検討されます。

例 えば、ユーザが関係資料のために各プラットフォームにおいてアイデアを分類・整理します。これらに生じるフラストレーションは少なくありません。設計意図 が現実に実行された場合でも、様々な条件に拘束された環境では、ワークフローにおけるメリットを見出すことなく生産性が落ちてしまいます。

今回のウェビナーでは、作業の自由度を高めるANSYS SpaceClaimの直感的でシンプルなインターフェースをご紹介します。

  • フィーチャの再構築エラーを気にすることなく何度でも形状を作成、編集

  • どんなCADシステムからのファイルでも読み込んですぐに編集

  • 予定にないドラスティックな形状変更に対しても簡単に対応

  • 創造的なアイデアの探求およびプロジェクトにおける理想的なアイデアをより検討しやすく

  • 部品表、KeyShotでのレンダリング、図面およびLiveReviewを利用した製品仕様のコミュニケーションの促進

 ウェビナーを再生

 

 
 

SpaceClaim Tips and Tricks Revealed Part III: 3D Printing
(SpaceClaim ティップスおよびトリックのご紹介 パートⅢ:3Dプリンティング)


新しいティップストリックをウェビナーでご紹介します。 先に実施した2つのウェビナーでは、一般的なモデリング機能についてフォーカスしました。(パートⅠおよびⅡはオンデマンドウェビナーで現在でも閲覧可能)パートⅢでは3Dプリンティングにフォーカスします。

SpaceClaimが、最速でもっともシンプルな3Dモデリングソフトウェアソリューションであると同時に、私達のアプリケーションエンジニアのスピードと能力は新しいレベルへ到達しています。
3DプリンティングにおけるSpaceClaimのポテンシャルを利用し尽くすことにご興味がありましたら、是非こちらのウェビナーにご参加ください。

パートⅢで紹介する内容は、パートⅠ、Ⅱでは含まれていませんので、こちらのウェビナーにご参加頂くにあたりパートⅠ、Ⅱをご覧頂く必要はありません。
もしお時間が許すようでしたらパートⅠ、Ⅱの閲覧をお勧めいたします。


ウェビナーを再生


 
 


Prepping Geometry for Electromagnetic Analysis Using ANSYS SpaceClaim
(ANSYS SpaceClaimを活用した電磁界解析向けジオメトリの準備)

電磁界解析において、複雑なパーツおよびアセンブリのジオメトリ(モデル形状)をドラスティックに簡略化するケースが幾度となく発生しますが、このソリューションであれば素早く編集可能です。

解析モデルへの編集は、解析エキスパートでなければ、CADエンジニアにとっては難しい作業でしたが、現在では、シンプルで利用に易しいツールにより、ジオメトリの解析モデルへの編集はシンプルな作業になりました。

SpaceClaimは、電磁界解析において、データの修復やジオメトリの編集など、CAEエンジニアが自ら解析モデルへの編集を可能とすることで、CADのエキスパートに為ることなく、”解析モデルへの編集” を可能にします。

 

ウェビナーでは、SpaceClaimがどのようにしてこれらを実現できるかを、下記の項目とともにご紹介します

  • どんなCADファイルも読み込みすぐに編集

  • 読み込んだジオメトリ(モデル形状)内にある不要な詳細形状の除去

  • 素早いモデル形状の簡略化

  • ANSYS Workbenchと自動的に双方向で接続

 
ウェビナーを再生

 

 


The Fundamentals of Reverse Engineering with ANSYS SpaceClaim
(ANSYS  SpaceClaimを活用したリバースエンジニアリングの基礎)


リバースエンジニアリングにおいて利益を得ることが出来る会社においても、リバースエンジニアリングの作業を外注している傾向にあります。なぜならば、よくソフトウェアを購入するコストや操作を覚えるに掛かる時間が許容範囲を超えると考えているからです。

リバースエンジニアリングの実施に取り組んでいる会社も、なかにはあります。しかしながら、会社の規模や利用可能なリソースを考慮した方法でリバースエンジニアリングを進めている会社は少ないように思えます。

こちらのウェビナーでは、リバースエンジニアリングの基礎と、下記のような機能を利用してどのようにSpaceClaimが簡単に自社でリバースエンジニアリングを可能にするかをご紹介します。

  • 4つのシンプルで直感的なインターフェース:プル、移動、フィル、組合せがあなたの形状修正をより簡単なものにします。

  • アンドゥにより操作の間違えをクイックに修正可能。コピー、ペーストにより形状を簡単に複製

  • パワフルなSTLの編集とソリッドモデリング(必要形状に近似的にフィット)

  • 拘束によることなくスキャンデータを参照する機能

 
ウェビナーを再生

 



Fast Jig and Fixture Creation with ANSYS SpaceClaim
(ANSYS  SpaceClaimを活用した冶具および固定具のスピーディな製作)

機械加工において、冶具や固定具は必要ではありますが時折フラストレーションが溜まる部分でもあります。
適切な3Dモデリングツールを利用しないと、加工技術者や製造エンジニアは、実際の機械加工に要する時間よりもツールパスを作成することにより多くの作業時間を奪われてしまいます。

SpaceClaimであれば、治具および固定具の製作において最適なソリューションがあります。
このウェビナーでは、あなたのワークフローにおいて、下記に挙げている機能を利用して、どのようにSpaceClaimが今までのフラストレーションを解消し、シンプルかつ簡単に製作することが出来るをご紹介します。

  • モデル流用のために、3DCADシステムのCADデータをインポートし作業可能

  • 4つのシンプルで直感的なインターフェース:プル、移動、フィル、組合せがあなたの形状修正をより簡単なものにします。

  • アンドゥにより操作の間違えをクイックに修正可能。コピー、ペーストにより形状を簡単に複製

ウェビナーを再生

 

 


SpaceClaim - Under the Hood
(SpaceClaimの全体像)

SpaceClaim社の中心的なスタッフであるローマン・ウォルシュ氏がSpaceClaimの全体像についてご説明します。
私達が誰であるか、また、なぜ私たちがSpacelaimを開発するのかを述べます。是非ご参加ください。

ウェビナーでは、下記のトピックスについてお話します。

  • SpaceClaimの来歴

  • エンジニアリングに対するビジョン

  • CADとは何か

  • ANSYS と SpaceClaim

及び、カスタマーの持つ問題を、どのようにしてSpaceClaimで解決しているのかについてお話します。

ウェビナーを再生

 keyshot for spaceclaim  

The Power of Photo-Realistic Rendering with Keyshot
(パワフルなKeyshotのフォトレンダリングのご紹介)

SpaceClaimでの私たちのゴールは、3次元モデリングのマーケットにおいて、すべてのエンジニアがより利用しやすく、より便利なソリューションを提供することです。
SpaceClaimのアドオンを提供するLuxion社のKeyshotは、このゴールを更に拡張します。

Keyshotは、Luxion社が提供する先進的なフォトレンダリングソリューションです。
ユーザーは、すばやく簡単にフォトレンダリングを実行してパーツやアセンブリのスナップショットを作成することができます。

このウェビナーでは、SpaceClaimに実装されるフリーバージョンのKeyshotの利用方法をご紹介します。
また、有償バージョンであるHD、Proの機能を用いたデモンストレーションも予定しています。

 
ウェビナーを再生

 Pull Move Fill Combine
 

SpaceClaim Tips & Tricks Revealed - PartⅡ
(SpaceClaim ティップス&トリック パートⅡ)

 
前回のウェビナーが大変好評であったため今回パートⅡを開催することになりました!

SpaceClaimが今 日のマーケットにおいて最速で最も簡単な3次元モデリングソリューションであると同時に、弊社のアプリケーションエンジニアは、SpaceClaimのそ のスピードと機能で新境地を開拓してきました。SpaceClaimの手動操作でのポテンシャルにご興味をお持ちでしたら是非こちらのウェビナーにご参加 ください。下記のツールにおきまして、弊社のアプリケーションエンジニアのような軽快な操作を是非習得してください。

  • プル

  • 移動

  • フィル

  • 組合せ

...ならびに切り札として”パワー選択”

ティップス&トリックの最初のウェビナーに参加できなかった方は、こちらからご覧ください。こちらで満足されずに是非30日のウェビナーにもご参加ください。今回のウェビナーでご紹介するティップスは、パートⅠの内容を基に作成しておりません。パートⅠをご覧になっていない方であっても十分に役に立つ内容です。

パートⅠに参加した方にとっては、前回の内容に新しい内容を追加し、さらに他の機能について紹介されています。


ウェビナーを再生

 
scan to cad
 

Scan to Print VS Scan to CAD


リバースエンジニアリングや3Dプリンティングにより深く踏み込むと、何のツールがいつ必要かが分からなくなるときが度々あります。
STLファイルを直接編集するニーズや、隙間のないモデルを作成する機会をお持ちでしょうか。

 このウェビナーでは、リバースエンジニアリングおよび3Dプリンティングにおいて、より応用的な内容を予定しています。

  • CAD用スキャン(リバースエンジニアリング) : リバースエンジニアリングの説明およびリバースエンジニアリングを実施する理由

  • プリンティング用スキャン(3Dプリンティング) : 3Dプリンティングの説明、キーとなるメリットが何であるか

  • ハイブリッドモデリング

  • ベストプラクティス(リバースエンジニアリング、3Dプリンティング)

  • ユースケース(リバースエンジニアリング、3Dプリンティング)


ウェビナーを再生

 
Speed Up Analysis with SpaceClaim
 

Speed Up Your Time for Analysis with ANSYS SpaceClaim
(ANSYS SpaceClaimを活用した解析におけるスピードアップ)

CADのボルトネックは、今日の製品ワークフローにおいてとても強烈です。多くの解析エンジニアは、シミュレーション用のモデル準備をうまく行うために頭を悩ませています。キーは、仕事において、適切なツールを見つけ出すことです。ドキュメントや設計マネジメントばかりの製品開発にフォーカスする代わりに、スピードとフレキシビリティを考え始めから作業をするソリューションを活用をお勧めします。

 SpaceClaimの3次元モデリングソフトウェアソリューションは、解析エンジニアのジオメトリの取り扱いにおけるスピードアップを図ります。それにより、CADのボトルネックは解消されます。このウェビナーではこの点についてディスカッションをしています。

  • ジオメトリにおけるソリューションが画一であるという誤った推論

  • 修復およびCFD解析のシミュレーション用の簡略化、構造解析、電気関連の解析およびシミュレーションドリブン製品設計におけるSpaceClaimの価値

  • サクセスストーリー

ウェビナーを再生

 

 


Increase your Shop Floor Productivity with SpaceClaim and Mastercam

The goal of 3D modeling and manufacturing is to have a smooth, efficient process from concept design to production. In reality, 3D models are rarely ready for the next step along the workflow. Typically tooling and fixtures need to be created, and 3D models need to be repaired, de-featured, and edited in order to ensure a successfully machined part.

In this webinar, you’ll learn how to leverage SpaceClaim’s specialized tools to prepare models for manufacturing by:

  • Creating jigs and fixtures quickly and easily

  • Analyzing, editing, and repairing solids directly, no matter the file type

  • Defeaturing and simplifying 3D models

  • Detecting duplicate geometry, split edges and faces, and extra edges You’ll also hear from Mastercam expert Chris Kozell – he’ll present information on:

  • Ease of Mastercam 2D Dynamic Chaining

  • 2D Dynamic Motion

  • Mastercam to SpaceClaim Design Change

  • 3D Dynamic Motion

  • Stock Model

ウェビナーを再生

 

Advanced Geometry Repair with SpaceClaim

Nearly every model sent to a shop floor needs to be repaired in order to be machined correctly. You've seen and most likely experienced for yourself how easy it is to clean up 3D models in ANSYS SpaceClaim. But, what about those unruly models that can be a source of frustration for your engineers and machinists?

In this webinar, we will show you how advanced geometry repair is possible - and fast! - with ANSYS SpaceClaim's easy-to-use software. Some repair and editing features include:

  • Analyzing, editing, and repairing solids directly, no matter the file type

  • Making watertight solids from unconnected surfaces

  • Fixing problems introduced through data translation

ウェビナーを再生

 


Advanced Geometry Repair with SpaceClaim for CFD Pre-Processing

Accurate simulation results require a high quality mesh; yet, many models sent for CFD analysis are in desperate need of repair. Without the right tool, complex repair and editing can take days, limiting the time analysts have to put towards simulation. ANSYS SpaceClaim Direct Modeler (SCDM) is the only solution on the market today that removes the geometry bottleneck by putting the power of easy and fast geometry manipulation into the hands of any analyst that needs it. In this webinar, we will show you how SpaceClaim easily allows you to:

  • Open and work with CAD data from any 3D CAD system

  • Generate internal and external fluid domains from complex models

  • Optimize geometry for meshing through advanced repair functionality

  • Automatically connect to ANSYS WorkBench with bidirectional associativity

ウェビナーを再生

 Join Us, Register Today!



SpaceClaim Quick Talk: Physical Digital and Reverse Engineering

Join us for a 10 minute Quick Talk with our customer, Physical Digital.

Physical Digital’s senior application engineer, Daniel Lainchbury, will share with us how they used SpaceClaim to nearly double the company’s business by leveraging the software’s intuitive 3D modeling software to reverse engineer parts for customers.

“SpaceClaim is great for what we do. Reverse engineering has become 40% of our revenue.”

Physical Digital specializes in non-contact 3D scanning using the GOM ATOS and TRITOP measurement system. They are the UK’s leading bureau service and provide bespoke solutions to high-end industrial applications.

ウェビナーを再生

spaceclaim 3D model lens

The Speed and Freedom of 3D Modeling in SpaceClaim

In the beginning stages of design, the ability to design creatively and without technological constraint is critical. More often than not, however, early design occurs in an environment where it is assumed design intent is already realized, thus creating an atmosphere of frustration as users try to pigeonhole ideas into a platform built for documentation.

With ANSYS SpaceClaim’s intuitive and simple interface, you have the freedom to:

  • Create and edit geometry multiple times, without the fear of a feature rebuild error

  • Import and edit files from nearly any CAD system

  • Easily make unplanned changes or “undo” recent edits

  • Creatively explore ideas and find the ideal design for your project

Sign up today for our webinar on how you can leverage the power of SpaceClaim for better design results in less time.

ウェビナーを再生

 Pull Move Fill Combine


SpaceClaim Tips & Tricks Revealed!

Have you ever wondered how our application engineers work so quickly in ANSYS SpaceClaim? Have you ever wished to learn the shortcuts and tricks they use to make SpaceClaim work at supersonic speed?

In this webinar, we'll show you even faster ways to manipulate models through: 

  • The pull tool and it's many functions
  • Keyboard and mouse shortcuts
  • Little known tools to work faster than ever before

ウェビナーを再生

 


Prepping Geometry for Aerospace and Defense using ANSYS SpaceClaim 

Analysts working in Aerospace and Defense are constantly working with different engineering teams and can get geometry sent to them in all kinds of formats. With geometry cleanup often times taking a large amount of their time, better preprocessors that can work with files from anywhere are a must. ANSYS SpaceClaim allows users to import and repair geometry from just about anywhere. It's an easy to learn, easy to use tool that lets analysts focus their time and effort on solving, not geometry.

In this webinar we'll show:

  • Importing from neutral and native formats like Iges and Catia
  • Repairing models into watertight solids
  • Adding driving parameters to dumb imported models
  • Re-engineering physical parts to create 3D models
  • Automatically connect to ANSYS Workbench with bidirectional associativity

ウェビナーを再生

 Trace wrapping


Prepping Geometry for Electronic Applications using ANSYS SpaceClaim 

Geometry is complex and often times in electromagnetic analysis, parts and assemblies can be drastically simplified in order to reach a solution faster. The challenge is that it's hard for design engineers to prep models for analysis without being analysis experts, and up until now there hasn't been an easy tool designed for geometry preprocessing. SpaceClaim helps solve these challenges by giving analysts the power they need to edit, repair and prepare geometry for electromagnetic analysis, without having to be CAD experts.

In this webinar we'll show how SpaceClam enables you to:

  • Create geometry from scratch
  • Remove unnecessary details in imported geometry
  • Wrap antennae geometry around contoured surfaces
  • Clean up and repair dirty geometry

ウェビナーを再生


ANSYS SpaceClaim 2015 のご紹介

This November, we are excited to announce the newest release of our software -- ANSYS SpaceClaim 2015. Over the past year, our team has made working with geometry even better, allowing you to create, edit and repair 3D models without worrying about the technology. We’ve addressed customer concerns and growing trends while refining our core features to provide the best 3D modeling solution. 

This webinar will provide an overview of what’s new in the 2015 release, including advancements in:

  • 3D Printing/Faceted Model Editing -- speed up time to print with cleanup, smoothing, and analysis tools
  • Simulation -- shorten time to analysis with new geometry repair tools, locally controlled imprinting, and faster transfer speeds to ANSYS Workbench.
  • Manufacturing -- prepare parts for machining with automated relief creation, basic tool path extraction, and sheet metal design tools.
  • Design/UI -- increase design productivity with performance improvements, multiple tool upgrades, and new reverse engineering functions

ウェビナーを再生

 

Join Us, Register Today!

Join Us, Register Today!


Tap Into SpaceClaim and ANSYS for Electronics Design Optimization

Industry studies show that best-in-class companies use simulation systematically across their organization and across the product development process. These leaders analyze product behavior earlier, adopt “getting it right the first time” methodologies, and perform more design iterations faster.

The collaborative integration between SpaceClaim 3D modeling tools and ANSYS electronics and mechanical products speeds the development of robust electronics. 

In this webinar we will show you how you can leverage SpaceClaim and ANSYS to:

  • Import your SpaceClaim model into ANSYS Workbench for electromagnetic analysis
  • Easily edit the designs for peak innovation and quality
  • Collaborate in real-time with other teams using SpaceClaim’s LiveRevie

ウェビナーを再生

Join Us, Register Today!


The Power of Direct Modeling with SpaceClaim

History-based CAD software is a staple in nearly every product workflow. While there is great value in building parameters around a model for accurate and efficient product development, there are certain times when traditional CAD makes it difficult to get a job done well and quickly.

In this webinar, we will show you how direct modeling can be a major asset in your workflow when the feature tree gets in the way. Learn how you can:

  • Fully edit geometry from any CAD system
  • Never again have a feature rebuild error
  • Easily make unplanned changes without having to start over
  • Repair dirty geometry for simulation, machining, 3D printing, etc

Sign up today to discover the power of direct modeling with SpaceClaim. 

ウェビナーを再生

 


The Ease of SpaceClaim for CFD Pre-Processing

ANSYS' renowned CFD analysis tools allow you to predict, with confidence, the impact of fluid flows on their design performance. This is key to optimize designs or troubleshoot existing installations. Accurate simulation results require a high quality mesh. A high quality mesh starts with high quality geometry, and engineers should not lose time either waiting for the corrected part from the CAD expert or spending more time than necessary fixing the geometry, thus creating a CAD bottleneck. 

SpaceClaim’s direct modeling solution speeds up time to analysis by putting analysts in control of geometry, thereby removing the CAD bottleneck. In this webinar, we will show you how SpaceClaim easily allows you to:

  • Open and work with CAD data from any 3D CAD system
  • Automatically generate internal and external fluid domains
  • Optimize geometry for meshing
  • Automatically connect to ANSYS WorkBench with bidirectional associativity

Sign up today to discover how to easy it is to use SpaceClaim for CFD pre-processing.

ウェビナーを再生

 


How To Leverage SpaceClaim for Structural Analysis Pre-Processing

Companies rely on ANSYS to rapidly solve complex structural engineering problems with ease. Yet, FEA analysts spend a larger percentage of time preparing and fixing geometry for analysis than they would prefer, slowing down the simulation workflow. Or, analysts are expected to rely on the CAD experts to prepare geometry for analysis, an inefficient back and forth process which creates a CAD bottleneck.

SpaceClaim’s direct modeling solution speeds up time to analysis by putting simulation engineers in control of geometry, thereby removing the bottleneck. In this webinar, we will show you how SpaceClaim easily allows you to pre-process models through:

  • Removal of rounds or small/irrelevant features
  • Edit and modify imported models
  • Merge faces to improve meshing
  • Automatically perform an analysis of the design variation in ANSYS Workbench

ウェビナーを再生


Leverage the Power of SpaceClaim's Direct Modeling for Concept Modeling

During ongoing or new projects it is important to be able to generate models of concepts very quickly to brainstorm new ideas. One of a designer's biggest headaches is struggling with a feature tree and having to start all over again because of changes made halfway through the design process. It's time wasted on re-work as opposed to testing new ideas. 

In this webinar, we'll show you how creting concept models in SpaceClaim can be simple and efficient. With SpaceClaim you can:

  • Design multiple concepts from scratch and evaluate them in the time it takes to use more traditional software platforms
  • Easily change your mind and edit the model without starting over or restructuring features
  • Easily communicate your design in a 3D environment using a number of tools including: 3D Mark-up; 3D PDF; LiveReview, and others

Sign up today to learn how you can save yourself time and headaches by creating concepts with SpaceClaim.

ウェビナーを再生


Machine Design Using SpaceClaim

Machine design is a complicated process that needs flexibility in order to ensure success. In today’s environment, the ability to easily and cheaply brainstorm new designs or work with older models to see if they can fit a new specification is paramount to staying competitive. 

In this webinar, we will show how you can leverage SpaceClaim to reimagine old designs and create innovate new ones by:

  • Creating a part from scratch using SpaceClaim’s fast and easy design tools
  • Importing any existing assembly and repurposing it by modifying existing parts, importing new parts, or creating new components within the assembly to save time and increase efficiencies
  • Identifying and fixing mechanism conflicts and issues by running a dynamic simulation of the design with Algoryx’s Dynamics for SpaceClaim add-on
  • Creating an assembly drawing, including a bill of materials for purchasing

Sign up today to learn the value of SpaceClaim for innovative, efficient machine design.

ウェビナーを再生


Hybrid Modeling for 3D Printing

While prepping models for 3D printing, engineers need both the ability to edit STL files and the ability to create solids. They also need to merge models together, no matter the geometry type. There are solutions on the market that can edit STL files and others that provide quality 3D modeling tools, but only one solution works well with both STL and solids: SpaceClaim.

In this webinar, we will show you how you can leverage SpaceClaim and its STL Prep for 3D Printing module to:

  • Create solids from scratch
  • Edit STL files
  • Merge solids or STLs into other STL files
  • Convert meshes to solids
  • Cut solids and meshes easily to focus on specific areas of the model

Sign up for our webinar today to learn how you can leverage SpaceClaim to streamline your 3D Printing process.

ウェビナーを再生


SpaceClaim for Electronic Prototypes & Panel Builders

Engineers building enclosures, panels, or electronic prototypes need the ability to easily create models, produce dimensioned worksheets, and easily deliver ECAD models to a MCAD solution without worrying about file formats or spending copious amounts of time learning how to use a software package. Without a solution that addresses their needs, engineers are left at the mercy of CAD experts who invariably have to-do lists a mile long, increasing project lead time and decreasing productivity. 

In this webinar, we will show you how panel builders and electronic prototype engineers can quickly learn to leverage the power of SpaceClaim to:

  • Easily create and edit geometry -- including sheet metal - without the worry of file format or feature trees
  • Communicate designs more easily between ECAD and MCAD platforms
  • Import components directly from our partners into your 3D model
  • Create highly detailed dimensioned worksheets

Sign up today to learn how you can easily and quickly create panels, enclosures or electronic prototypes with the power of SpaceClaim.

ウェビナーを再生



キタナイジオメトリ: 素早く簡単に、モデルの修正・編集のやり方

The goal of 3D modeling and manufacturing is to have a smooth, efficient process from concept design to production. In reality, 3D models are rarely ready for the next step along the production process. Dirty geometry can cause, for example, meshes to blow up or CAM tools to not work properly, ultimately leading to downtime on the shop floor. 

In this webinar, we will show you how to leverage SpaceClaim’s specialized tools to clean up dirty geometry by analyzing, editing, and repairing solids directly, no matter the file type. You’ll see how SpaceClaim’s ease of use makes it invaluable to repairing geometry 2-5X more quickly than anything else on the market.

Sign up today to learn how you can learn more about SpaceClaim’s powerful repair tools for dirty geometry.

ウェビナーを再生



Take the Red Pill -- See The Truth About 3D Geometry

For years, Big CAD has dictated what your process looks like, who can work with geometry, and how your company can model, edit or repair in 3D.  Engineers no longer need to accept the limits of parametric CAD and instead can open their eyes to new possibilities in 3D mechanical design.  Justin Hendrickson will talk about how SpaceClaim is accelerating product design, prototyping and development by taking 3D geometry from the domain of a select few to something accessible to anyone who needs it: in design, simulation, 3D printing, manufacturing - even sales and marketing.  Find out how SpaceClaim is bringing new innovations to 3D design: in modeling scan data, repairing and editing STL for 3D printing and pioneering real-time collaboration across PC and mobile using new cloud services.  

ウェビナーを再生

Reverse Engineering for CAE


How SpaceClaim Fits into your Shape Optimization Workflow

Topological Optimization is becoming more and more popular but it presents two distinct bottlenecks on the geometry side.  The first problem is that you need simple geometry to start the analysis.  The optimization will be removing all unnecessary areas of the model so the blockier the design is, the better.  The second issue is that once the mass of the model has been reduced, the resulting STL model has to be reverse engineered to pass it back to the CAD team or do further validation runs inside of ANSYS.

SpaceClaim is the best software for the job because it has fast geometry creation tools, both from scratch and when referencing an STL.  Reserve your seat to see how quickly and easily SpaceClaim will remove your geometry bottleneck.

ウェビナーを再生

STL Prep for MFG image


製造のための STL 準備

Machinists and others in manufacturing need to be able to get their jobs done no matter the type of file they receive. SpaceClaim Engineer is the only 3D modeling solution that allows manufacturers to prep and repair STL files in addition to other file formats such as CAD, STEP, etc. SpaceClaim Engineer also provides manufacturers the tools needed to efficiently reverse engineer parts.

In this webinar, we will show you how easy and fast it is to:

  • Analyze, edit, and repair an STL file directly
  • Merge STL models with other STL models or solids
  • Save & Export STL files
  • Create a fixture from an STL import
  • Create an inspection drawing from an in process STL

Sign up today to learn how you can leverage SpaceClaim’s STL capabilities for manufacturing.

ウェビナーを再生

2D to 3D image


SpaceClaim Engineer: Simplicity of 2D, Power of 3D

Many engineers are hesitant to make the jump from 2D to 3D. For their needs, traditional CAD software provides unnecessary complexity and an overkill in functionality. This creates a difficult and tedious learning curve for which they do not have the time. There is a need for a 3D modeling tool that is as easy as 2D, yet powerful enough to solve any 3D problem. SpaceClaim provides an intuitive interface to 3D and lets users leverage legacy 2D DWG/DXF files. If you’re thinking about making the jump from 2D to 3D, SpaceClaim makes it easy and fast for you to do so.

In this webinar we'll show why SpaceClaim is indispensable for moving from 2D to 3D. See for yourself how SpaceClaim can help you:

  • Leverage existing 2D data
  • Design solid models quickly and easily with four simple yet powerful tools
  • Create linked drawing sheets to the 3D data
  • Eliminate both surprises late in the design process and last-minute change orders

ウェビナーを再生

EDM image 


Geometry Prep for EDM

Electrical Discharge Machining (EDM) is known for its highly precise manufacturing capabilities. It is a valuable process from which all shops -- no matter the industry -- can benefit. The level of precision and accuracy involved in EDM demands a powerful yet flexible tool for model preparation. SpaceClaim Engineer is the only 3D modeling solution on the market today that combines accuracy and speed with an intuitive environment.

In this webinar, we will demonstrate:

  • SpaceClaim Engineer’s flexibility in working with various different file types 
  • How easy and fast it is to repair, create, and edit models for EDM 
  • How to improve your manufacturing speed by 20% 

Reserve your seat today to learn how much easier preparing models for EDM can be.

ウェビナーを再生

LiveReview image 


SpaceClaim Makes Communicating in 3D Easy and Effective

SpaceClaim knows there is no one-stop solution ideal for every instance of collaboration. When it comes to 3D modeling and editing, engineers need the ability to choose the best format for the situation to communicate their model designs and edits to others.

Reserve your seat today to learn about the different tools SpaceClaim provides for collaboration and communication in 3D.

In this webinar, we will show you:

  • LiveReview: Host a live 3D collaboration session right in SpaceClaim Engineer so that all participants can engage and interact with a model at the same time. SpaceClaim is the only company offering a solution like this today.
  • Web Viewer: Share your models with anyone.
  • 3D Markup: Create a document that records the changes made on a model with color differentiation and “is/was” dimensions.
  • 3D PDF: Import/Export 3D PDFs.

Join this webinar to see how SpaceClaim’s approach to collaboration makes 3D geometry accessible to everyone.

ウェビナーを再生

Dynamics for SpaceClaim 


Gain Decision-Critical Insights Upfront with Dynamics for SpaceClaim

The new multi-body dynamics tool in SpaceClaim injects the power of advanced interactive physics into the core of product development.  This user-friendly and highly responsive add-in provides an understanding that goes beyond numerical output, allowing engineers to develop a strong intuitive understanding of each design iteration.   

This webinar illustrates how Dynamics for SpaceClaim by Algoryx Simulation - built on the fast and intuitive platform of SpaceClaim - gives engineering organizations new means to create the most competitive mechanical designs on the market.

ウェビナーを再生

 STL File


SpaceClaim STL Prep for 3D Printing Module: 3D Printing Made Easy & Fast 

Instead of wasting time and resources by using a myriad of products to get a model ready for 3D printing, now engineers can use SpaceClaim’s STL Prep for 3D Printing module. SpaceClaim’s new STL Prep for 3D Printing module is the solution you need to prepare models efficiently and easily.

In this webinar, we will work directly with STL files to:

  • Analyze & Clean: Analyze and clean intersections, ensure the model is watertight, and fix immediately
  • Edit: Cut up a model; separate the STL into different parts for multi-material printing
  • Slice into several shells & Create connecting features
  • Combine STL models with other STL models or even solids
  • Decimation/reduction to cut down on file sizes
  • Shell models to minimize waste
  • Save & Export STL files so files can be sent directly to a printer

Watch the webinar today to learn how you can leverage SpaceClaim to streamline your 3D Printing process.

ウェビナーを再生

 Sheet Metal image


SpaceClaim Sheet Metal: Unfold to Flat, Fast

SpaceClaim's sheet metal capabilities are designed to flatten sheet metal as quickly as possible to get parts ready for production.

In this webinar, we'll show you how SpaceClaim can:

  • Unfold sheet metal quickly from imported STEP, IGES, and CAD file
  • Fix faces without uniform thickness & junctions that aren't properly created

Reserve your seat today to learn how SpaceClaim's Sheet Metal tools allows you to get design work done 2-5x faster.

ウェビナーを再生

SpaceClaim Image 


SpaceClaim でダム CADモデルを編集する


マルチ CADの世界では、CADファイルはサプライヤー、取引先、設計、製造からやってきて戻してあげないといけません。このコミュニケーションの循環で、変更はしばしば行われる必要がありますが、従来の CADではダムモデルの編集は非常に厳しいです。SpaceClaim はその仕事に向いたツールで、STEP、IGES、Parasolid、ACIS からのダムジオメトリを編集するためのものだからです。事実、全てのジオメトリは SpaceClaim の内部ではダムモデルですが、素早くインテリジェントに編集できるツールになっています。

このウェビナーで SpaceClaim のダムモデルへの編集機能をご確認ください。

ウェビナーを再生

Reverse Engineering image 


リバースエンジニアをシンプルに


リバースエンジニアに関しては、多くの人は測定器か特別な高額なツールを考えます。しかし、必要なものは、仕事を速く終わらせる安価なソフトウェアです。SpaceClaim は、リバースエンジニアにおよる機械部品作製に於いて素早く、正確に実施することができます。なぜならメッシュにスナップさせたり、偏差を比較したり、カーブをフィットさせたりする機能が標準で備わっている 3D ダイレクトモデラーだからです。

このウェビナーで、いかに SpaceClaim は、リバースエンジニアリングのモデル作成時間を半分にするかをご確認ください。

ウェビナーを再生

 SpaceClaim 2014


SpaceClaim 2014 の新機能

SpaceClaim 2014 (リリース11)がリリースされました。このウェビナーでは、 Justin Hendrickson (Director of Product Management) と John Graham (Application Engineer) が、以下を含む新機能についてご紹介致します。

  • モデリング: 進化した勾配及びブレンドツール
  • マニュファクチャリング: 改善されたメッシュモデリングのための新しいリバースエンジニアリングツール
  • コラボレーション: 読み込み時間 30% 高速化、新規サポートフォーマット 3D PDF 及び Solid Edge®
  • シートメタル: 25を超える機能強化、より速く、簡単になった展開
  • その他

この特別ウェビナーにぜひご参加ください

ウェビナーを再生

 Casting and mold image


Casting Patterns and Molds with SpaceClaim

設計と製造が 2つのグループに分かれてから、双方の間には擦れ違いが多くなってきています。めったに製造用にジオメトリは準備されないように見えます、例えそうでなくても製造のエンジニアは依然としてこれらのモデルを基準とした工具の作成を期待されます。モデルの修復から勾配作成、工具作成まで SpaceClaim は製造のエンジニアに入手する CADに対して簡単に部品を製造するのに必要なツールを提供します。

ウェビナーを再生

 Additive Mfg image


積層造形の準備時間を削減する

積層造形は、形、フィット、機能のためのプロトタイプを速くやろうとした際、企業にとって頭痛の種になる課題にユニークなジオメトリを導入します。水漏れのない STLを作成、素早く治具を作成、3Dプリンティングのためのモデルの肉盛りや変更があろうとなかろうと、SpaceClaim は 3Dプリンティングを生産的に行えるツールを備えています。このウェビナーで、なぜ SpaceClaim は 3Dモデルからプリントした部品への移行に不可欠なのかを紹介致します。

ウェビナーを再生

 Oil and Gas image


SpaceClaim in Oil and Gas: 3D で円滑に進める

石油・ガス業界は成長し続けるにつれ、企業は競争力を保つためにより速く動き続ける必要があります。ボトルネックは全ての製品開発工程にわたり現れ、すべての人は速く動くための方法を探しています。SpaceClaim は、最初のパワフルで使いやすい 3Dツールでどんなエンジニアもジオメトリの問題を素早く容易に解決できます。大規模アセンブリの編集、コンセプトモデルの作成、シミュレーションのためのビームとシェルの抽出または製造のためのファイルの準備といった問題は SpaceClaim のシンプルだけどスマートなツールですべて解決できます。SpaceClaim によるすべてのメジャーな CADと CAEの一体化で、以前よりも速く仕事を終わらせられます。

ウェビナーを再生

 2D to 3D image


Autodesk® や DraftSight® で 2D ⇒ 3D

多くのエンジニアは、2Dから 3Dに飛躍したいが、従来の CADの学習に苦労させられます。なぜなら、それは彼らのニーズに対していたずらに複雑で過剰だからです。見逃されていることは、2Dと同様に容易でありながら、どんな 3Dの問題でも解決するに十分に強力な 3Dモデリングツールということです。SpaceClaim は 3Dへの直観的なインターフェースを提供し、既存の 2D DWG/DXF を活用させます。あなたが、2Dから 3Dへの飛躍を考えているなら、SpaceClaim は最適なツールです。

このウェビナーではなぜ SpaceClaim は 2Dから 3Dへの移行に不可欠なのかをご紹介致します。ご自身で SpaceClaim の有用性をご確認ください。

  • 既存の2Dデータの活用
  • 4つのシンプルながらスマートなツールによる、素早く容易なソリッドモデル作成
  • 3Dデータに連携した図面の作成
  • 設計工程終盤での驚きと土壇場の変更要求の撲滅

ウェビナーを再生

Pull Move Fill Combine



どんな CADファイルでも簡単編集

従来の CADでは異なるシステムからのファイルを編集するのは非常に困難で、それは膨大な時間を費やす原因となります。なぜなら、企業は製造用、シミュレーション用、過去の資産の活用にと何度もモデルを修正しなければならないからです。必要とされることは、どこから来たジオメトリかに関係なく部品やアセンブリを簡単に編集できる、柔軟で多目的 3Dモデリングツールです。

ジオメトリ編集において2~5倍速くなる SpaceClaim をこのウェビナーでご確認ください。

ウェビナーを再生

 

Defeaturing image


解析時間を速くしたいですか? 形状簡略化をお試しください

設計者はシミュレーション用にモデリングすることはめったにないので、解析者はシミュレーションには重要ではない詳細形状までモデリングされたCADモデルを受け取ることがよくあります。それは解析工程での長時間の計算時間と障害の原因になります。SpaceClaim は、その使い易さと形状編集のための最速のツールで解析者が素早くモデルの簡略化をできるようにします。

形状編集工程において、SpaceClaim を使うことで 2 ~ 5倍速くなることを実感してください。

ウェビナーを再生

Dirty Geometry image


キタナイ ジオメトリ:知っておくべきこと

ジオメトリに問題があるとき、時には見つけられ、時には見つけられません。いずれにしろ、それはあらゆる種類の問題を引き起こします。メッシュ作成の失敗。CAM での失敗。内在するジオメトリの問題を抱えた部品で起こることで、多くのソリッドモデリングの操作が失敗します。また、客先からのモデルを開いたとき、カーブとサーフェスの集まりだったりします。これらをどのように評価されますか?

私たち SpaceClaim は、設計者、エンジニアそして機械加工者が日々キタナイ ジオメトリと奮闘していることを十分理解しています。3D の歴史において、最も使い易いジオメトリのクリーンナップツールを作っている理由がそこです。スペルチェッカーのように、問題個所を特定し、ソリューションを提案し、従来のCADに対して10倍以上の効率化をお手伝いしています。

このウェビナーでは、SpaceClaim の下記を含む全モデル修復機能についてご紹介致します。

  • ソリッド化のためのサーフェスモデルの縫い合せ方法
  • ギャップの除去と欠落面の面張り
  • 重複した形状、分割されたエッジと面、不要なエッジの検出
  • 2Dカーブと近似したポリラインの再利用

ウェビナーを再生

 EDM image


EDM(放電加工)のためのモデル準備

EDM は、もはや当たり前の加工工程になっています。それは全ての工場で現在活用できる価値ある工程です。しかしながら、放電加工の使用を遅らせる問題、それがジオメトリです。シンカーはいまだ作成する必要があり、材料を除去する際に面は XYZ方向にオフセットする必要があります。

SpaceClaim は理想的なツールです。なぜなら、多くのフォーマットのジオメトリを読み込んで、製造工程用に容易にモデルを準備することが可能だからです。

このウェビナーでは、

  • いろいろなところからファイルを持ってきて
  • 放電加工用に工具を準備し
  • 読込んだジオメトリの面をオフセットして
  • 製造工程を 20%速くします。

CADファイルから電極作成が SpaceClaim を使うことで 5倍速くなることを実感してください。

    ウェビナーを再生

     Signal Analysis image


    シグナルインティグリティ解析のためのモデル準備

    ジオメトリは複雑で、シグナルインティグリティ解析において時間を決めることがあります。早く結果を得るには部品やアセンブリを劇的に簡略化されます。課題は、設計者がシグナルインティグリティのベテラン抜きに解析用モデル準備を行うのは難しく、今までジオメトリの前処理用のツールは特になかったことです。あなたが HFSSや CSTを使っていてもいなくても、SpaceClaim は CADのベテランでなくてもシグナルインティグリティ解析のためにモデルを編集・修復・準備が必要な解析者に力を与えてそれらの課題を解決します。

    このウェビナーでは、以下をご紹介致します。

    • 不必要な細部を除去
    • モデル間の適切なコンタクト・接点を作成
    • キタナイ ジオメトリをクリーンナップして修正
    • 解決時間を半分に短縮

    ウェビナーを再生

     Develop3D white paper


    製造における SpaceClaim の調査

    DEVELOP3D チームは、製造業のリーディングカンパニーはどのように SpaceClaim を使ってビジネスの重要工程をサポートしているかを調査して先日スペシャルレポートをまとめました。

    DEVELOP3D の編集主任 Al Dean と SpaceClaim のアプリケーションエンジニア John Graham が以下について報告します。

    • 見積もり時のコンセプトモデルの準備を支援
    • 種々のエンジニアリングデータと連携する利益
    • 会社が素早く考えアイディアを記録できるようにする
    • 製造時のモデルの準備を支援

     

    ウェビナーを再生

     Fixture design


    無理やり CADのエキスパートになるのにはうんざり?

    重要ではあるが、設計者はめったに製造のためのモデルを作りません。これは、生産技術のエンジニアは必要な治具設計に加えてしばしば設計の変更が必要になることを意味します。これは問題を引き起こします。なぜなら、誰かのフィーチャーベースでのモデルを編集するのは大変です。ましてや SolidWorksR で CATIAR 、Pro/ER で NXR のモデルの編集なんて出来ません。SpsceClaim はそんなハンディをなくします。SpaceClaim を使えば治具設計の時間が3-10倍速くなります。

    ウェビナーを再生

     Volume extract


    SpaceClaim を使って、痛みを伴わない CFD作成

    流体解析は、全て反対です。彼らはポンプ自体ではなくポンプの内側の流体、羽根自体ではなく羽根周りの空気の動きに目を向ける必要があります。設計者は解析者がその仕事を遂行するに必要なジオメトリを提供してくれません。解析者はボタン1つで必要なジオメトリを作り出すような CAE用の CADが必要です。SpaceClaim を使えば、CAEのモデル準備が 2-5倍速くなります。

    SpaceClaim は、CFDユーザのお手伝いをします。

    • シミュレーションのための準備を以前に比べて 2倍速く
    • 外側と内側の流体ボリューム作成は、再モデリングではなく、CADのジオメトリを再利用
    • CADチームに頼ることなく、繰り返し回数を削減

    ウェビナーを再生

     2D to 3D


    SpaceClaim を使って、2D -> 3D

    2Dからの 3Dは、製造や設計そして解析でさえ依然問題なのは奇妙です。事実は何万という人々が毎月解決策を探しています。2Dはやさしい、しかし、3Dはもっとパワフル。不足しているものは、2Dのようにやさしい、しかしながらどんな 3Dの問題をも解決に至らせるパワフルなツールです。SpaceClaim を使うことで、CAMへ渡す時間が 3-7倍早くなります。

    ここでは以下をご紹介致します。

    • 既存の 2Dデータの活用
    • スケッチと 3Dジオメトリの容易な作成
    • 3Dデータにリンクした図面の作成

    ウェビナーを再生

     

    Meshing image
     


    メッシュ作成時におけるジオメトリの問題を自己解決

    理想の世界では、3Dジオメトリが作成され、そのジオメトリにメッシュ生成され、解かれます。そのプロセスは簡単なようですが、分析者はまだメッシングや解を得る代わりにジオメトリの修正に全体の 75%の時間を費やしています。欠けているものは、CAE用の CADであり、欠けているものは、SpaceClaim です。SpaceClaim を使えば、キタナイ CADファイルの修正と簡略化に、3-7倍の時間の節約をもたらすでしょう。

    SpaceClaim によって、以下をご紹介致します。

    • ジオメトリを修復して密閉されたソリッドを作成
    • 不必要なジオメトリを簡略化
    • メッシング用にモデルを分割

    ウェビナーを再生

     

    Interoperability image
     


    CAD の互換性に頭を悩ましている方へ

    多くの異なる 2D、3Dモデリングシステムが世にあります。これは、製造設備は多くのファイルフォーマットを扱えなければならないということを意味します。これらのフォーマットを扱うために複数の CADを持つことは非常にコストがかかり、使用することは複雑で難しい。それはもっと所有するコストを増加させます。得ることと製造に必要なことが異なるとき何が起こりますか?このウェビナーでは、どのようにして SpaceClaim によってCADの互換性問題を解決するか、それはほとんどのシステムから幾何形状を取り込みだけでなく、製造用に素早くしかも簡単にその準備するツールであることを紹介します。

    • IGES, STEPを含む、どんな CADファイルも開いて編集
    • CADのエキスパートでないエンジニアが、何週間ものトレーニングを受けなくても幾何形状の編集が可能
    • 壊れた幾何形状の修復
    • 製造に向けて、設計の最適化

    SpaceClaim により、如何に CAMへのデータ渡しで 2-5倍の改善がはかれるかご覧ください。

    ウェビナーを再生

    Simulation image


     


    コンセプトモデリングとシミュレーションによる速い製品開発の方法

    あらゆる企業が「正しい」技術的な答えをより速く得ようとしており、私たちは早い構想段階ではシミュレーションと組み合わせることで、詳細な CADモデルや物理的な試作を作ることなく低コストで高い効果の製品最適化が可能であることを示します。如何にして SpaceClaim が開発期間を 60%以上改善できるかをご紹介致します。具体的に、このウェビナーでは、以下のための方法をご紹介致します。

    • 解析のためにジオメトリをコントロールする
    • CAD の非熟練者のために 3D形状の評価、伝達、可視化を簡略化する
    • 既存のデータ、サプライヤの部品や新しいコンセプトの活用に柔軟性を得る

    このウェビナーに参加して、SpaceClaim が如何に製品開発の期間短縮に有効かご確認ください。

    ウェビナーを再生

     Pulling Tool


    CATIA® データを SpaceClaim にインポートして CAE用モデルを準備

    CATIA® をメイン CADとして使用している会社では、SpaceClaim を解析プロセスで使用し成功している例が増えています。 SpaceClaim は CAD形状エディターとして優れており、CATIA® データをインポートしてメッシング前のモデル簡易化、クリーンナップ、形状変更に必要な様々な専用機能を提供しています。従来の CADによるこれら作業は時間がかかり、CAEプロセスでのボトルネックになっていましたが、SpaceClaim によってそれを解消でき、時間とコストを大幅に削減できます。 また、インポートしたモデルからの中立面作成や、内部ボリューム形状抽出も可能です。

    このウェビナーでは、以下について説明します。

    • CATIA® モデルをインポートし、解析用モデルを準備
    • モデルに潜在する共通的問題箇所を検出し、修正
    • 解析に不要な小形状、例えばフィレットや穴を削除
    • 内部ボリューム形状抽出、及び外部ボリューム形状を自動抽出
    • メッシングで問題になりそうな幾何形状部分を検出し、修正

    ウェビナーを再生

     

    Design Review image


    デザインレビューに 3Dを活用していますか?

    デザインレビュー、カイゼン活動、顧客向けプレゼンテーションなどで、参加者間で効果的なコミュニケーションがとれれば良いのですが、時に悩ましい状況になります。例えば、プロジェクト状況を素早くレビューし、課題を認識し、改良案を提案したいという場面で CADを活用できていますか?従来のヒストリーベースモデラーでは、ひとつクリックを間違えるとミーティングを終わらざるをえなくなります。リアルタイムでモデル変更することは殆ど不可能です。アセンブリモックアップモデルをビュアーで見ることはできても、その場で変更することはできません。 もしクイックに変更できたらどんなに効率が上がるでしょう?

    SpaceClaim の 3Dダイレクトモデリングで、素早くかつ容易に変更できます。煩わしい幾何拘束や、外部依存関係を排除しており、再構築エラーなどでミーティングが終わってしまうことはありません。 また、シンプルなユーザーインタフェースのため、アイデアを柔軟にモデルに反映でき、参加者はその場で具体的な形状を見ることができます。そのため、後から再度確認してみたら新たな問題が見つかった、などの不効率な状況にはなりません。

    このウェビナーでは、以下を説明します。

    • 主要 CADシステムからのモデルを読み込み、編集
    • 新規アイデアを 3Dスケッチ的に追加、変更
    • 既存の設計資産を活用して、新コンセプトのモデルを作成
    • 変更内容のトラックと、CADへの反映

    ウェビナーを再生

     SpaceClaim DST logos


    SpaceClaim と SimWise 4D: シミュレーションの将来

    Design Simulation Technologies (DST) と SpaceClaim は、最良なモーション解析のソリューションを共に提供致します。DST は、SpaceClaim - SimWise 4D 間のインターフェースを開発し、SpaceClaim の形状とアセンブリ情報を SimWise 4D に渡せるようになりました。SimWise 4D は、ベテランの解析者ではなく一般的なエンジニアが使えるように作られたパッケージで主流のシミュレーション機能を提供します。2つのツールのユーザは、モデルを作って組み立てて現実での“どんなふうに動く?”、“壊れる?”といったことへの答えを導き出せることになります。

    SpaceClaim - SimWise 4D 連携はユーザに以下を提供致します。

    • 市場での最速の形状作成とアセンブリツール
    • 負荷が直接的にかかった状態での FEA
    • Matlab/Simulink との連携
    • レンダリングとキーフレームアニメーションによる洗練されたシミュレーション結果の表示
     

    ウェビナーを再生

     STL for MFG image


    製造のための STL

    STL モデルは、製造の世界では一般的になってきており、さまざまなところから来ます。それらはスキャナーから、CMM から または CAD からに係らず、製造現場では頭痛のタネになります。SpaceClaim を使えばそんな問題から解放されます。読み込んで、クリーンナップし、簡略化することで 使えない STLファイルを製造現場に返すことが可能です。

    このウェビナーでは、以下をご紹介致します。

    • STL を読み込んで、固定具を作成します。
    • 製造過程の STL から検査図を作成します。
    • STL を製造用のソリッドへ変換します。
    • 作成したソリッドと元の STL を比較します。
     

    ウェビナーを再生

     Cut Copy Paste graphic


    カット - コピー - ペースト: 3D ジオメトリ再利用の早道

    Ctrl-C, Ctrl-V.  これらはコンピュータを使い始めて最初に学ぶことです。 私たちはアプリケーションを渡ってシームレスに使えるこれを当たり前のように行なっています。 しかしながら、これが 3Dになった途端に、多くの CADはこれを“出来ない事”にしてしまします。

    SpaceClaim は違います。 ジオメトリをどこからでも新しいデザインにコピーしてペーストすることができます。 ついに、Wordや PowerPointでやっているように、3Dコンテンツを再利用できるようになります。 このウェビナーでは、他のテクニックと同様に、コピー&ペーストがユーザにとってどれくらい有益かをご紹介致します。

    含まれる内容:

    • 過去の CADデータの再利用(含:2Dプロファイル、3Dデータのソリッド、フルアセンブリ)
    • ジオメトリのコピー&ペーストによる新しいデザインへの一時的なワークスペースの作成
    • 画像の SpaceClaimへの・からのコピー&ペースト
    • クリップボードを使ったマスプロパティ等の情報のコピー
    • Rhino といった他の 3Dアプリケーションからのコピー&ペースト
     

    ウェビナーを再生 

     Dirty Geometry image


    キタナイ ジオメトリ : 何を知っているべきか

    ジオメトリに問題があるとき、時には見つけられ、時には見つけられません。いずれにしろ、それはあらゆる種類の問題を引き起こします。メッシュ作成の失敗。CAM での失敗。内在するジオメトリの問題を抱えた部品で起こることで、多くのソリッドモデリングの操作が失敗します。また、客先からのモデルを開いたとき、カーブとサーフェスの集まりだったりします。これらをどのように評価されますか?

    私たち SpaceClaim は、設計者、エンジニアそして機械加工者が日々キタナイ ジオメトリと奮闘していることを十分理解しています。3D の歴史において、最も使い易いジオメトリのクリーンナップツールを作っている理由がそこです。スペルチェッカーのように、問題個所を特定し、ソリューションを提案し、従来のCADに対して10倍以上の効率化をお手伝いしています。

    このウェビナーでは、SpaceClaim の下記を含む全モデル修復機能についてご紹介致します。

    • ソリッド化のためのサーフェスモデルの縫い合せ方法
    • ギャップの除去と欠落面の面張り
    • 重複した形状、分割されたエッジと面、不要なエッジの検出
    • 2Dカーブと近似したポリラインの再利用
     

    ウェビナーを再生

      

    アーカイブ

     

    生産技術

     

    解析

     

    モデリング 一般

     

    業界

     

    What's New

     

    パートナー

     

    その他