[  English    |    Français    |    Deutsch    |                   ]




機能紹介ビデオ

コンセプトエンジニアリング - 効率化されたワークフロー

ビデオ再生


機能紹介ウェビナー

3D を使って応札での勝率向上および提案型に対応

ウェビナー視聴


ホワイトペーパー

シミュレーションドリブン製品開発: 形状は機能に追従具現化

ダウンロード

新たな競争力獲得のキー: 3D コンセプトデザイン

ダウンロード


データシート

SpaceClaim Engineer

コンセプトモデリングの概要

ビッドモデリングの概要

 


ユーザー事例

SIE Computing Solutions は、SpaceClaim でさらに 60% ビジネスで勝利

ダウンロード

 

ビッドモデリング

SpaceClaim は、顧客に対面している設計者が3Dモデルを起案書通りに素早く作ったり修正することを可能にし、市場において勝利を成し遂げます。SpaceClaim のユーザーインターフェースは、CADを使わない方とCAD専門家の両方に対して、構想段階や新規ビジネスの提案段階で3Dモデルを使うことによって、顧 客の価値を高めることができます。

 

課題

新しいビジネスに勝つための重要な要因は、提案する側とプロスペクトとの良好なコミュニケーションです。さらに要件とコストを正確に理解していることが重要です。説得力のある提案が必要となる仕事において、内部処理時間とリソース制約に対して、新しいビジネスへのチャレンジが低迷することがあります。残念ながら、これまでのCADソフトウェアは、構想段階での繰返しやプロスペクトとのリアルタイムな共同作業ではなく、詳細な製造ドキュメントを作るように設計されていました。新規開拓をするためにCADを使うことは、時間とコストがかかるものでした。コストを予測したり提案を作ることはとても難しいことだったのです。


解決策

SpaceClaimの3Dモデルとレンダリングは、プロスペクトとのコミュニケーションの価値を高め、提案過程の速度を向上し、生産費を理解し、ビジネスでの勝利をするために貴重なツールです。SpaceClaimのユニークなユーザーインターフェースは、3Dモデルを素早く作成したり修正して、新規開拓をする技術者に対して、提案過程の価値を高めることを可能にしています。

  • 顧客のデータ、サプライヤーのコンポーネント、内製CADのデータを1つの環境に統合すること。
  • 顧客、R&Dエンジニア、解析者、CADチームと共有できる新しいコンセプトモデルを素早く容易に作成すること。
  • 製品コストを正確に指摘し、収益性を確保しながら低価格での入札を可能にすること。
  • 詳細設計チームへの正確な3D仕様書を作ることによる製品の市場投入の時間を短縮すること。
  • プロスペクトとのリアルタイムな共同作業。
  • カスタマービューモデルを作るための形状セット除去のモデルを作成すること(カスタマービューモデルは知的所有権を保護するための簡易的な表現です)。


優位点

  • 素早く簡単に精巧な3Dモデルを作成したり変更することができます。
  • 少ない時間でより多くの提案作業を行うことができます。
  • 提案に説得力のあるフォトリアリスティックレンダリングを入れることができます。
  • 顧客の内製CADからの2D、3D両方のデータで仕事をすることができます。
  • 正確なモデルを設計者に提供し、従来のCADでの詳細な設計を推進することができます。


利点

  • 提案書において大量のボリュームに応じることができます。
  • 勝利率を50%に、正確に入札し増やすことができます。
  • 設計者(他のCADを使わない方)が企業成長をサポートするために3Dを活用することを可能にします。
  • 提案の概念開発フェーズを60%以上縮めることができます。
  • 効率化された詳細設計プロセスにより、製品をより早く市場へ投入することができます。
  • 強いROI(投資利益率)により低いTCO(総保有コスト)を実現し、素早い償却を実現します。


特徴

  • 新しい案件にほとんどの2D・3D・グラフィカルデータを組み込むことができます。
  • SpaceClaimのユニークなプル・移動・フィル・組合せは、素早いソリッドモデリング環境を可能にします。
  • 3Dダイレクトモデリングは、エラー再発の恐れなしにデザインレビューの際、リアルタイムな編集を可能にします。
  • アセンブリを再構成し、素早くコンポーネントや設定オプションの調査をすることができます。
  • 3Dマークアップ、注記、描画ツールは、2Dと3Dのコミュニケ―ジョンを可能にします。
  • 材料ライブラリやプロパティツールは、材料と重量の予算のトレードオフを評価するのに役立ちます。
  • 自動的にBOMを作成し、エクセルに書き出すことができます。
  • KeyShotのレンダリングパッケージは、これまでのレイトレースツールのような苦労をすることなく、フォトリアリスティックなカスタマーイメージを作成することができます。

  

SpaceClaimは設計を柔軟にするため、構想設計において自由と柔軟性を提供しています。よって、従来のCADの複雑さが妨げになることはありません。