[  English    |    Français    |    Deutsch    |                   ]




機能紹介ビデオ

3D ダイレクトモデリングによる CAE向けオプティマイゼーション

ビデオを再生


ホワイトペーパー

シミュレーション主導の製品開発: 形状と機能の順序がついに逆転?

ホワイトペーパーのダウンロード


データシート

SpaceClaim Engineer

CAE モデル/幾何形状準備の概要


ユーザケーススタディ

 

Widex は、3Dダイレクトモデリングにより補聴器の開発を強化

ケーススタディのダウンロード



構造解析用のモデル準備

課題

競争力の高い製品を市場投入するため、CAEを活用する会社は増大しています。しかし一方で、モデルが不健全なために構造解析用モデルの準備が中断したり、メッシュ切りして解析するという本来の目的よりも、幾何形状修正のために想定を大幅に超える時間を費やすといったことがしばしば発生しています。

 

このビデオでは、SpaceClaim によって構造解析に必要なモデルをいかに簡単に準備できるかを示しています。

 

解決策

SpaceClaim によって、インポートしたモデルまたは新たに作成したモデルに関わらず、クリーンな、簡易化され最適化されたモデルとして整えることができるため、構造解析業務を強化できます。 SpaceClaim には様々な専用ツールが用意されています。

  • 中立面の抽出および作成
  • ビーム(ライン要素)やシェル(サーフェス要素)を使ったモデリングによって、ソリッドへの寸法定義工数を削減できます。
  • ラウンドや微小な不要形状を簡単なコマンドで削除できます。
  • インポートしたモデルに対しても編集、変更できます。
  • 面をマージすることによって、メッシュを改良できます。

利点

  • 既存モデルの大幅変更や、構想段階での様々な設計バリエーションを試すことが可能になります。
  • 紙にスケッチするような感覚で新規コンセプトを迅速に創造できます。即ち、スクラッチからモデルし、その結果をそのままシミュレーションに使うことができます。
  • 製造に使えるほどの詳細 CADモデルであっても、インポートし、フィレットなどの不要詳細形状を削除し、解析用モデルとすることができます。
  • 生産性を向上させつつ、イノベーティブな製品を短期に市場投入できます。
  • 解析して最適な結果を得るまでのスピードは 10倍以上高まります。