[  English    |    Français    |    Deutsch    |                   ]




ウェビナー

Geomagic と SpaceClaim: リバースエンジニアリングとダイレクトモデリング

ウェビナーを再生

幾何形状の編集

課題

新しい 3Dモデルを作成し編集するためには、労力とコストを費やすことが必要となります。必要なデータが既にある程度存在している場合はなおさらです。なぜならそれらのデータは、多くの場合特定 CADのフォーマット、メッシュデータ、図面などであり、使用している CADとの互換性が無いという問題が発生しがちなためです。その一方で、“既存データを活用した検討を素早く繰り返して、エンジニアリング的に正しい結果を迅速に得たい” という声を、多くの会社から聞いています。そのためには、以下のニーズにかなった使い易くパワフルなツールを探すことが重要です:
  
  • 様々な CADからのファイルを開いて編集
  • 不健全なジオメトリを修復
  • 2D図面を元にして 3D部品やアセンブリを迅速に作成
  • 3次元スキャナーからのメッシュや STLデータを正確なソリッドに変換
  • イメージファイル、オンラインカタログ、コンテンツライブラリの活用

解決策

SpaceClaim は、インポートされたどのようなデータでも活用し、正確で設計製造に適したデータを迅速に作成するために開発されています。SpaceClaim の機能によって、ユーザーは以下が可能になります:

  • 2Dデータから 3Dソリッドを、比較するツールが存在しないほどの簡単さとスピードで作成できます。
  • サーフェスやカーブデータを修復したり下処理をして、素早く有効なソリッドやスケッチに仕上げられます。
  • メッシュからのソリッド生成は、メッシュのポイントや交線を参照しながらモデリングできるツールによって、迅速に行えます。
  • 様々なサイトからダウンロードできる部品データを利用してソリッド化し、設計の一部に活用できます。

特徴

  • ソリッド、サーフェス、2D、メッシュ、イメージ、ポイントなどの様々な種類のデータを開くことができます。
  • まるで自動スペルチェッカーの様に、2D、3Dデータに内在するジオメトリの問題箇所を自動検出し、修復します。
  • サーフェスデータ上の不正部分を、ソリッドモデリングに適したジオメトリに変換します。
  • SpaceClaim の迅速なモデリングツールで、メッシュデータを参照しながら正確な部品モデルを作成できます。
  • SketchUp からインポートした不正確なデータを、正確な円筒面や円錐面に変換します。

利点

全てのデータを一か所に集めて検討できるため、設計面での決定を直ちに下せます。

  • お気に入りサイトからのデータを活用できます。TraceParts, SketchUp 3D ギャラリー, GrabCAD, McMaster Carr, Turbosquid およびサプライヤーのサイト等です。
  • メッシュデータを、従来にないスピードでソリッド化できます。
  • スキャンデータの不要部削除や必要部追加により、アセンブリや治工具設計へも活用できます。
  • 3D および 2D断面での作成、編集、可視化ができます。
  • 幾何拘束、再構築エラー、外部依存などの問題に邪魔されません。

 editing geometry image 2 - surface patch from a surface modeler, then repaired patch

スキャンデータをトレースして正確なソリッドを作成した例。スキャン結果を STLとして SpaceClaim にインポートし、カーブフィットなどのインタラクティブなツールを使って、その周囲を囲むソリッドを作成したもの。

 

 Editing geometry image 3 - aerofoil data, read from files containing data points, into a lofted 3D surface

翼型の点列データを読み込み、それらのプロファイルをロフトして 3Dサーフェスにした例。