[  English    |    Français    |    Deutsch    |                   ]




ホワイトペーパー

3D エンジニアリング: 3D ダイレクトモデリングで、コンセプトエンジニアリングとシミュレーションドリブンによる製品開発を実現する方法

ダウンロード

シミュレーションドリブン製品開発: 形状は機能に追従具現化

ダウンロード

新たな競争力獲得のキー: 3D コンセプトデザイン

ダウンロード


SpaceClaim を選択する理由

  • SpaceClaim は、迅速なモデル作成と編集が可能な 3Dダイレクトモデラーです。アイデアをすばやく具現化でき、限られた時間で多くの設計案を検討できます。また、顧客や関係者とのやりとりもスムーズになります。
  • 4つのツール、[プル]、[移動]、[フィル]、[組合せ] は SpaceClaim が研究を重ねて生み出した革新的なユーザーインタフェースです。操作トレーニングを受けなくても 3Dでの作業を行えます。
  • 再構築エラーや複雑な拘束の問題が従来の CAD ではしばしば発生しますが、 SpaceClaim ではこれらとは無縁であり、悩む必要はありません。

 

生産性の飛躍的向上

SpaceClaim により、エンジニアやインダストリアルデザイナーはより創造力を発揮しつつ、製品を早期に市場投入できるようになります。3Dで容易にアイデアを検討し、問題を解決し、他 CAD から来たモデルを流用して素早く編集し、従来の CAD では時間がかかっていた解析用モデルの簡略化、製造前のモデル変更や治具設計、リバースエンジニアリングなどをわずかな時間で行えるようになります。 SpaceClaim を使用して 新しいプロジェクトに応札 し、見込み客や顧客と 3Dでコミュニケーションすることで勝率を上げているユーザーも増えています。

 


 

SpaceClaim Engineer は、イノベーションを可能にし、
製品開発サイクル全体の効率を向上させます。

3D モデリングを使用したエンジニアリングの最適化

製品開発手法のルールが変わりつつあります。先進的なメーカーでは、製品設計の方法を再構成することで、最終テストで予想通りの結果を得ることができています。

使い易く強力な 3D 構想設計ツールを使い、CAE も活用してエンジニアリングを進めることで、詳細設計過程で労力を費やす前に設計を最適化できます。

多くのメーカーがなかなか対処できていないことは、修正コストが非常に高くなる製品開発サイクルの終盤になるまで CAE が使用されていないという点です。これに対して、設計上流でのシミュレーションを行うことで、土壇場でのやむを得ない妥協を避けることができます。

創造力がイノベーションを発展させ、さらに多くのビジネスで勝利

SpaceClaim は、構想設計段階から 3Dによる検討が可能なツールとして、最新テクノロジーをフルに活用して全く新たに開発された 3D ダイレクトモデラーです。

  • 設計を可視化し、レビューを容易に行えます。
  • 創造力を活かしながらの製品イノベーションを高いレベルで達成できます。
  • まず新規モデルを素早く作成し、検討と変更を重ねながら設計していく、という手法が容易になります。
  • 革新的な 3D モデリングツールを使用する ことで、今までにないアイデアや手法を発見できます。
  • ほとんどの 2D または 3D CAD ファイルを再利用し、変更流用できます。
  • 新規引き合いへの応札 においては、説得力のあるリアルな 3D コンセプトモデルによる提案を短期に準備できるため、勝率が高まります。
  • アセンブリ構造を変更しながら、且つ完全に管理しながら進めることができます。

SpaceClaim に関する ビッドモデリング、および 構想設計 についての詳細は、こちらをご覧ください。

CAE の生産性を向上させてリードタイムを短縮

SpaceClaim Engineer では、解析エンジニア自身がモデルの準備、編集、および最適化を完全にコントロールできるため、シミュレーションの生産性が向上します。この結果、CAD担当者とのやりとりが減り、リードタイムが大幅に短縮され、製品をより早く市場投入できます。

  • メッシュ作成や解析のための CAD モデルを容易に準備できます。
  • 設計を迅速に改善およびコントロールできます。
  • 設計変更を CAD チームとシームレスに共有できます。
  • STEP、IGES および各種 CAD ファイルをインポートし、内在する問題を解決、クリーンナップできます。

SpaceClaim の 3D ダイレクトモデラーでは、
[プル] や [移動] といった基本的な 3D コマンドを容易に習得できます。

SpaceClaim に関する CAE モデルの準備 についての詳細は、こちらをご覧ください。

製品設計を合理化しつつ、品質を向上させ、コストを削減

SpaceClaim Engineer と CAE を組み合わせることで、CAD で詳細な設計を行う前に製品設計を最適化できます。エンジニアはエンジニアリング作業とその結果を明確にでき、CAD チームは製造のためのより良い詳細設計を行うことができます。

  • 互いに相反する設計パラメータを最適化しながら、理想的なソリューションに向けて進めることができます。
  • 種々 CADで作成された既存モデルの形状、材質、設計手法、および製造過程を流用しながら開始し、エンジニアリングの中で変更していく手法が可能になります。
  • 同様に、CAE で判明したことを既存設計に反映することで、新規設計を始めることができます。
  • CAE後に正確なソリッドモデルを CAD チームに提供でき、工程効率を最大化できます。

試作および製造プロセスを強化

SpaceClaim では、幾何拘束や履歴を考慮する必要はないため、他の人が作成した CADモデルを変更できます。最終工程である製造プロセスにおいても、製造 向けに必要なモデル変更が可能です。以下のリンクを参照下さい。


インダストリアルデザイン

SpaceClaim は、ソリッドモデラーとしての堅牢さに加えて、サーフェスモデラーとしての柔軟さも持っています。また、他のサーフェス専用モデラーで作成されたサーフェスを SpaceClaim にインポートし、内部メカ構造やアセンブリの設計を行うなど、柔軟なワークフローを実現できます。

  • SpaceClaim のダイレクトソリッドモデリング機能で、迅速な基本コンセプト検討とモデル作成が可能です。
  • SpaceClaimのダイレクトサーフェスモデリング機能で、カーブやサーフェスの作成、他ツールで作成されたサーフェスをインポートしてのダイレクト編集が可能です。
  • KeyShot 連携 をサポートしているため、高品質なレンダリング画像を作成できます。
  • 使い慣れたサーフェスモデリングツールと組み合わせて SpaceClaim を利用できます。例えば Rhinoceros との連携 Add-inを提供しており、SpaceClaim と Rhinoceros との間でモデルを行き来させながらデザインできます。

インダストリアルデザイン についての詳細は、こちらをご覧ください。