[  English    |    Français    |    Deutsch    |                   ]




RSS Feed

PRESS CONTACT

Barbara Ewen
CHEN PR
781-672-3114
bewen@chenpr.com


PRESS KIT

SpaceClaim_Fact_Sheet

 

All News

ANSYSがSpaceClaimの新バージョンをリリース

Monday, 27 April 2015

機能改良がスピーディな形状操作と3Dプリントファイルの準備を可能にし、製品開発期間を短縮

※当資料は、2014年11月18日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの翻訳です。

 

2014年11月18日 ANSYS(NASDAQ: ANSS)は、2014年11月18日に、最先端の機能改良を含む、ANSYS® SpaceClaim™ 2015をリリースしました。この改良により、エンジニアは製品の形状を従来よりも簡単に操作できるようになり、製品開発サイクルの短縮が可能になります。また、本リリースには、3Dプリントを迅速かつ柔軟に行うための機能も装備されています。

SpaceClaimは、ファセットモデルを多彩な方法で編集・管理する機能、製造者向けに改良されたツールパス機能、3Dモデルの編集または作成を行うあらゆる人に対応した複雑な形状作成機能といった技術革新で、エンジニアの作業時間を短縮し、製品開発と製造ワークフローに大きな変革をもたらします。

「私たちは、すべてのエンジニアが形状操作をより簡単かつ便利に行えるような、画期的な改善機能を提供しつづけています。ANSYSの他の製品開発チームとの密接な協業によって、お客様が、完全な仮想プロトタイプから複雑な3Dプリントまで、あらゆるものをより簡単に作成できるよう努めています。」(ANSYS、Vice president of software development、Frank DeSimone)

その他に、SpaceClaimは、シミュレーションのための形状編集をより容易にするインプリントおよびラップツール、クリーンアップ機能、検出機能が改良され、ANSYS Workbench™との統合も向上しました。これにより、エンジニアは形状準備よりも解析に時間や技術を集中させることができます。例えば、流体解析のエンジニアは、SpaceClaimの新機能を利用すれば、CADエンジニアに依頼して形状を編集してもらうことなく、設計中の形状から流体ボリュームを手早く抽出できます。

SpaceClaimの3Dプリントモジュールには、モデルの修復ツールと3Dプリントの成功度を解析するツールが追加されました。さらにリリース2015では、直感的に操作できるプルツールと移動ツールによるメッシュの直接編集が可能になり、3Dプリントの準備をより速く簡単に行えるようになりました。

他にも、コンセプト設計、製造準備、図面、相互運用に関する他のさまざまな改良が行われており、市場投入時期の早期化と設計改善を追求するユーザーが、時間、エンジニアリングの能力、材料を有効に使えるようになります。新機能の全リストはこちらからご参照ください。 [リンク]

「SpaceClaimの新しい強化機能のおかげで、賞を獲得した3D迷路ゲームPerplexusの設計は記録的な速さで行えました。SpaceClaimのツールは大幅にアップグレードされていて、特にリリーフツールは、CAMに必要なファイルの準備日数を削減するのに役立ちました。」(Perplexus発案者、Mike McGinnis)

 

 
ANSYS について

ANSYS 製品は、高い速度・精度・信頼性を誇るシミュレーションにより、お客様が直面する非常に複雑な設計問題の明確化と洞察を可能にします。ANSYS の技術は、業界に関わらずさまざまな企業が、実際に製品が正しく動作するということを確信を持って予測できるようにするものです。多くのお客様が、プロダクトインテグリティを高めてビジネスの成功を推進させるものとして、ANSYS のソフトウェアに信頼を寄せています。1970 年に設立されたANSYS は、2,700 人以上のプロフェッショナルを擁し、その多くは、有限要素解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび電磁気学、最適化設計といったエンジニアリング分野のエキスパートです。本社を米国ペンシルベニア州ピッツバーグの南にあるカノンズバーグに置き、75 以上の戦略的販売拠点を世界中に有し、40 以上の国のチャネルパートナーとネットワークを築いています。

URL:http://www.ansys.com
 アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc. 100%出資の日本法人です。
ANSYS, Inc. のCAE ソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。

URL:http://ansys.jp

ANSYS および他のすべての ANSYS, Inc.の製品名およびサービス名は、ANSYS, Inc.、または、米国および他の国にある ANSYS, Inc. の子会社の登録商標です。その他のすべての商標または登録商標は、各所有者の財産です。